忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


自然と科学の力くらべ
713ba14b.jpg
プラハに飛び立つつもりが、例のアイスランドの火山噴火でヨーロッパのすべての国で、空港での離発着が出来なくなってしまった。

4月16日に噴火した時、水蒸気爆発を起こした為、噴煙が高度一万メートルにも達したのである。ジェット機は、この噴煙を空気と一緒に吸い込むと燃料と一緒に燃焼して今度は冷却されてエンジン部に蒸着してつまってしまうらしい。そうなるとエンジンが停止して飛行機は墜落してしまう。

では、どのくらいの噴煙だと大丈夫なのか?というと、まだそのデータはない。これだけ数え切れないくら世界中にジェット機があるのにそれがわからないため、飛び立つことを躊躇している。

一週間過ぎて、ようやく再開したが航空会社の営業損失は莫大であった。今後、このような天変地異がふたたび起きないという保障はどこにもない。
747.jpg

やはり、科学の力でそれくらいは調査しておくべきだし、今後、そのような噴煙を吸い込んでもエンジンに影響を及ぼさないような蒸着しないシステムを開発することが必要だと思う。

今までまったく飛行機の設計でそうしたことを考慮していなかったのが不思議なくらいだ!

CO2による地球温暖化云々が言われてきたが、今度の火山爆発でその噴煙により、日照が微小ではあるが遮光されるから気温がわずかに下がる可能性もあるという。

プラスマイナスでちょうどいいのかもしれない。(笑)

こうしたことを経験すると、本当に人類は科学の力を持っているが、天変地異には無力なのだということがよくわかった。

by  大藪光政

PR

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
大藪光政
年齢:
-1482
HP:
性別:
男性
誕生日:
3500/01/01
職業:
コンサルティング/システムエンジニア
趣味:
大樹木の鑑賞
自己紹介:
科学は少年の頃からのあこがれの対象でした。今日の科学の発展は、そうなるであろうと想像して来たものばかりです。そしてこれからの進歩の中にも興味深いテーマが数多く存在しています。そうしたものを時々イメージしながら楽しむことが唯一の自己発見なのかも知れません。
バーコード
ブログ内検索