忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


科学と生活における経済について

 
日本政策金融公庫による大都市の中規模企業アンケート統計調査によると、確かに今までにない不況となっている実情がグラフをみれば、一目瞭然です。
 
そこで、政府は15兆円もの借金を作ってでも、また、財政投入をおこない冷え切った市場回復を試みようとしています。アメリカも同じくそうした試みを展開していますが、やはり、将来に繋がる投資でなければなりません。
 
日本は資源の無い国ですから、やはり製造加工業を支える技術の進展がないと国民の生活にも影を落としています。その技術レベルも中国や韓国のようなアジア諸国と同レベルでは、先がありません。
 
やはり、最先端技術がものをいいます。そうした先端技術を開発する力が科学の力であることは、ご承知の通りです。その科学の力は、つまるところ『人の思考力』です。ところが、今日の朝日新聞を読んで驚いたのが、理系に進学する学生が少ないという理由で、その要因は興味をそそらないところにあるといって、学校での科学実験設備の不足をあげ、そうした器具を準備することが理系への進学を促すと判断しているのです。
 
確かに、私が小中学校の頃、理科の実験とかは楽しくて興味があり、そうした道具に触れることは理系へのあこがれを促進したことは否めません。ですが、よく考えてみると、団塊の世代が学んだ当時は物が無い時代でした。だから、学校にある教材はとても貴重で手に触れること自体が遊ぶことのように感じていました。

それでも、現在に比べるとお粗末なものですし、器具の数や種類も少なかったです。なのに、何故、そうしたことが要因だというのでしょうか?不思議でなりません。
 
問題は、別にあると思います。それは、大学における理系と文系の授業や実験においての取り組みに格差があります。極論から云うと、文系は余裕で遊べますが、理系が大変なのは実際に理系に進まれた方が一番おわかりでしょう。(理系でも遊ぶ人もいますが、それは論外ですね) 
 
そこで就職となると、会社や官庁に入ってしまってからの出世コースで、大きなポストは皆、文系が占めています。だから、そうした苦学した理系の社会人が、自分の子供に理系の道を勧めたくは無い・・・ということもありますし、昨今の若者が、さめた考えの現世利益追求型であれば、迷うことなく文系を選択するでしょう。
 
そうしたことを考えますともう少し国は、理系の研究者を大切にする意味においても、博士課程で博士号を取得した人に対しての就職の道や、奨学金の助成強化をすべきではないかと思います。修士課程までだと、就職に問題はないが、博士課程まで行くと就職の道が閉ざされるという現実に対して、殆ど少数の人しか進学しないというのも基礎研究における貧困が、ひいては日本の科学技術の停滞を余儀なくさせるという結果になります。
 
日本の将来を担うのは、基本的にやはりエネルギー問題の解決だと思います。最近は太陽光発電による光を電気に変換する方式や、風力発電といったものが話題になっていますが、半導体技術と設備をもっているメーカーが参加できるということと、場所を選ばないことなどを考えますとやはり太陽光発電に人気があるようです。
 
究極的には、核融合による発電がベストですが技術上の最難関コースで、うまくいっても実用化には、あと100年掛かるような気がします。それまでは当分、原子力発電が主力でしょう。日本は、原油に頼ることなくエネルギーが確保できるようにしないといつまでも経済が不安定な状況を度々引き起こすでしょう。
 
電気の利用としては、電気自動車がようやく日の目をみるようになりました。問題は、一回充電での走行距離と、急速充電時間の問題があります。あとは、そのバッテリーの経年劣化とバッテリーコストに課題が残っています。

コストは、国が電気自動車生産と購入に対して税の優遇制度と助成金を奮発すれば、急速に消費者が購入に靡いて行くでしょうから、そうなれば、生産コストが下がってガソリン車やディーゼル車との価格競争に対しても遜色のないプライスで消費者を満足させることができ、電気自動車産業が急速に発展すると思います。
 
このことは、随分昔に別のHPに書いたことがありますが、それがいよいよ現実味を帯びてきました。普及の鍵は、やはり電池ですね。各電池メーカーは、技術力にしのぎを削ってこの商戦を戦うでしょう。
 
そうなると、問題は、今までの燃料機関方式の自動車産業において、エンジンが不要ということになり、そうした企業の没落が想定されます。今は、ようやくハイブリッド車が普及しだしましたが、もし、画期的なコンパクトでの且つ大容量でしかも、短時間で充電できるような電池が発明されたら・・・もう、自動車産業での大革命が起こるでしょう。
 
恐らく、電機業界も黙ってはいないでしょう。電機業界と自動車業界との境界も取り除かれることになるかもしれません。いずれにしても、そうなると、原油に頼ることのない車社会の到来があると思います。

画期的な夢の電池は、果たして発明されるでしょうか?

by  大藪光政

 
PR

科学と医学の違いについて・・・



                                                                bfb00794.jpeg


現代の西洋医学は、科学技術にささえられている。それは言うまでもなく、手術のツール、検査、診断のツール、そして治療医療機器など膨大な設備がある。例えば、眼科に行けば、かなりのエレクトロニクス技術の粋を集めた検査器具で様々な検査がなされる。視力検査はもちろんのこと、超音波による眼球の距離だとか色々な検査が現在では可能になっている。

また、そうした検査結果を画像にして、瞬時に伝送することで、大病院みたいに多くの医師が診察をしているところでは、カルテと一緒に、リアルタイムで医師の手元に届く。大病院でのそうした検査システムではかなりオートメーション化されていて、昨今は、最後の支払いまでクレジット決済がOKとなっている。

もちろん、検査は医師ではなく、各専門の検査技術士で行われるが、これとは別に、丁寧な?病院ではカウンセラーの担当までついている。白内障の治療を例にとると、最初は眼の視力検査から始まって、様々な検査の後、医師の診察と、そしてまた、必要に応じて目の精密検査が行われる。

そして、手術に関するカウンセラーとして、若い女性が親切に手術に関する注意事項とか、本人の希望とかで、相談にのってくれる。しかし、ここで、様々な素晴らしい医療検査機器を目の当たりにしていた患者は、「医学とは、科学なのだ!」ということが錯覚であること気付き始める。

若い女性のカウンセラーは、「白内障術後の焦点距離の選択は、どれを希望されますか?」と聞いて来る。すると、患者は、「現在、右目(-1.25)と、左目(-5.5)との度数差が大きいが、あなたが、言われるように、手術をする左目に対して挿入レンズで補正して遠くに合わせた場合、うまく右目とバランスがとれますか?」と、質問すると、「遠くは良く見えると思いますが、その代わり、遠視があるので、近くはメガネを掛けないと見難いです。」と、若干違った答えが返ってくる。

そこで患者がまた質問する。「いや、めがねを掛けることに関しては、とくに問題にしていないが、挿入レンズでそんなに度数を合わせて、あとでメガネの調整はうまくいきますか?」と聞き返す。「それは、大丈夫ですが・・・裸眼で、近くが良く見えるのと、遠くが良く見えるのとではどちらがよろしいですか?」と、挿入レンズの選択だけを迫る。

つまり、挿入レンズで、遠、中、近の選択だけを求められるのだ。一般的に、室内では眼鏡を掛けずにおられるので中距離が便利なようだが、遠くを見る必要がある車の運転、或いは、近距離の読書においては、メガネの遠近両方の眼鏡が必要になる。

そこでやっかいなのが、右目と左目との度数差があって白内障の手術が、片目だけの場合、選択で悩むことになる。将来的にもうひとつの目も、いずれ白内障になる恐れがあるから、将来もう一つの目を手術することを考えれば、最終的に両方遠方が見えるようにしたほうがベストであると言われる。

すると、将来を見越して初回の片目の度数を0までにもどすことがベストということになるが、果たして、そうした場合、もう片方の目より良く見えることになり・・・バランス上違和感が起きないか?という心配が起こる。そんな心配を言うと、「それなら、度数を0に補正するコンタクトレンズで体感してください」と答えてくれる。

ところが、患者はこう質問する。「白内障だから、今、コンタクトをつけて度数を補正しても、目が良く見えないから・・・意味がないのでは?」と、聞く。「ああそうですねえ・・・でも、感じだけでもつかんでもらえれば・・・如何ですか?」と答える。

すると、「これだけ、科学的に検査されているはずですから、挿入レンズは、この度数で大丈夫と何故言えないのですか?」と患者は食い込む。すると、「いや~、やはり患者さんによってこればかりは、やってみないと・・・こちらから、こうとは、言い切れないところがあります。」と、かわされる。

こうした会話が、今度はコンタクトレンズによる仮想体験をサポートする担当者と患者間でも、似たような押し問答が繰り返される。つまり、理想の挿入レンズの度数の意思決定は、カウンセラー担当でもなく、医師でもなく、結局、患者にゆだねられている。これは何故だろう?聞くところによると、一度、挿入した眼内レンズを再度入れ替えることは、余程のことがない限り行わないとのことである。(リスクが大きいのと再手術は好ましくないとのこと)

それならば、科学技術の粋を集めた検査を行っておきながら、もっとも大切な最終的な度数の設定を患者の意思にゆだねるというのは変な話である。つまり、ファージなところです。

「やってみなければ、わからないことがある。だから、責任は取れない。」ということです。とすれば、やはり、医学は必ずしも、患者のすべてを把握できていないと云うことですね。「だいたい過去の手術の実績でうまくいくと思うが、失敗例もある。だからかならずしも100%保証できるとはいかない。」と、逃げ道を作っておく必要がある。だから、手術に失敗しても、余程の過失がない限り、手術料を返金することはまずない。これは、病院の立場から弁護すると、「患者の主観で、治療の結果をとやかく言われてはたまらない。」ということでしょう。

東洋医学を西洋医学の医師が、嫌うところは、鍼やお灸などの治療に当たって、治癒に対する科学的根拠がないことをあげる・・・言い方を変えれば、科学的な立証がないことをいう。科学的根拠とは、すなわち、定量的、定性的な分析によるその効果をいう。ところが、西洋医学においても、そうしたことが、曖昧なところが多々ある。

薬にしても、白内障の進行を抑える薬として、近所の眼科院でカリーユニという点眼液を処方して永らく治療していたが、手術をする大病院では、その薬を処方していないと言う。理由は、学会で有効性がないと発表されたからだと言う。では、効きもしない薬を何故、他院では処方するのか?

医師に言わせれば、個体としての患者がすべて違うので、進行を止めるのに効果があったか否かの判定がとれないというのである。それならば、定量的な判定が出せていないことになり、何故薬として承認されたのか?疑問である。家庭電化製品を修理に出して直してもらう時、消費者の主観なんぞとは関係なく、一方的に修理して元にもどって帰ってくる。

もし、直っていなければ、お金なんぞ払わなくても、相手はそれに対して別に反論はしない。すなわち当たり前のことである。ところが、医学としての医療行為の場合は、科学的なようであってそうとは限らない領域と、患者と病院側との主観と客観がかなり絡み合って、すんなりとはいかないところがある。どちらかというと治療する側に分がある。患者はどちらかというと弱い立場にある。

だから、『大藪医者』にはかからないことが賢明である。科学的な思考を持った小生は、名前柄、医師にならなくて良かったとつくづく思う。

by   大藪光政
 


日本最大の真水プラントを見学しました!

web1.jpg福岡市東区奈多に『まみずピア』という海水淡水化センターがあります。
そこに、見学に行ってきました。

海水から真水にする技術は何通りかありますが、この『まみずピア』にある設備がもっともコストと機能の上ですぐれている設備のようです。海外で・・・サウジアラビアでしたか日本の技術で、海水から真水にするプラントを建設したニュースをテレビでみたことがあります。

福岡市も過去、水飢饉に悩まされた時期がありましたが、それは大変深刻な事態だったのを今でもよく覚えています。さいわい、私の家はボーリングして岩盤の水を水道水があるにもかかわらず、家庭で使っていましたから影響はまったくありませんでした。

さて、近くにこうした施設が出来たことは知ってはいましたが、見学は初めてです。原理としては逆浸透圧の原理を応用して作られたものですが、施設の全体を見学して様々なベーシックな原理をフルに活用していることがわかりました。

最初に取水するとき、海底に埋設することで、砂の濾過の機能を利用してきれいな海水を取り込みます。そして次に、海底と施設の貯水槽にて落差を設けることで、動力なしで施設の貯水槽に取り込めます。

web10.jpgあとは、ポンプで施設の中に取り込み、最初は不純物を濾過するUF膜濾過水槽に入れ、次に高圧ROポンプで高圧RO膜設備で真水と濃縮された海水とを分離させます。

次に、気温の変動などによる真水の質を一定にさせるために、さらに低圧RO膜を通して真水を作り上げます。
出来上がった真水は、水道水と半々にブレンドして家庭に供給されます。

これは、真水のままだと水道水としての規格にはずれるからです。でも、飲んでみると真水の方がおいしいからへんですね。そして、濃縮海水は、一部は塩を生産している業者に引き取られ、多くは、下水処理水と混合させて海へ還します。この混合海水は、近辺の海水を浄化させる働きがあるそうです。

web7.jpg真水の生産能力は25万世帯分の供給能力があるそうです。そして、私が住んでいる福津市にも供給されているということです。この施設では夜間はたったの二人だということですから、如何に自動化されているかおわかりでしょう。

中央監視制御室は、施設全体を把握し、コントロールできるようになっています。そして、この施設には自動ゲートがあって、無断ではい込めないようにセキュリティも整っています。

水を作る採算は・・・100円/㎥の割高のようです。そして、肝心の設備投資は・・・約400億~500億円掛かっているようです。投資メリットとして高いのか安いのかはわかりませんが、ダムを作るよりも時間が掛からないのが利点のようです。
web12.jpg










一度見学されてみませんか?
もちろん見学費は無料です。

by  大藪光政

 


月を周回する『かぐや』から見た地球の姿・・・
f6cdece0.jpg月を周回する『かぐや』からハイビジョン撮影画像が、宇宙航空研究開発機構より公開されましたが、美しい地球の姿と、月のクレータの穴ぼことが対照的で、我々の世界とは別世界でした。

フランスのSF作家であるジュールベルヌは、1865年頃に月世界旅行を書いていますが、彼の作品をほとんど小学校の図書館でむさぼるように愛読していました。

彼の代表的な著書としては、『海底二万マイル』、『八十日間世界一周』、『地底探検』、『神秘島』などがありますが、どれも読んでわくわくしたものです。

今回の映像を見ますと、宇宙は地球以外は生物が存在していない暗黒の世界が広がっている・・・といった非常にクールな感じがしました。地球から見た肉眼での月はとてもロマンチックで美しいものですが、こんなにクレータの多い月の真実の姿を見たとき、如何に人間の想いが単なる自己認識だけの世界であるかを知らされます。

もう亡くなりました私の伯母が、月に人類が立った時の感想が、「あまり科学が発達すると風流な人の心が失われてしまいそうでいやだわねえ・・・」と言われたことを思い出します。芸に秀でた人でしたので、なおさらその言葉は重いものがありました。

しかし、知らない世界を見たい気持ちは強く、今回の映像も楽しみで期待していました。画像は期待通りの素晴らしい画像でしたので、流石は日本の技術だと思いました。日本人は何をやるにしても細やかさがありますからこれは世界に自慢できる仕事だったと思います。

さて、こんなに科学技術が優れていても、『偽装』や『政治の停滞』でお互い疑心暗鬼の日本の実情をどうすれば、改善されるでしょうか?こればかりは科学技術ではどうしょうもありませんね。

さて、下記の宇宙航空研究開発機構の映像を眺めて、もう一度孤立した地球で仲良く暮らすことを考えてみたいものです。
JAXA宇宙航空研究開発機構サイトのリンクより、月から見た地球の姿
http://www.jaxa.jp/press/2007/11/img/20071113_kaguya_02l.jpg


by   大藪光政

 
 
 
 
 
 
 
 
   

 
 
 

 


 
    


 
 
 

月周回衛星かぐや(SELENE)の活躍!
itumakougen-web.jpg月周回衛星かぐや(SELENE)が、明日午前零時に月の重力につかまります。日本の科学衛星は前回もイトカワで、実力が実証されています。ただ燃料漏れから地球に戻って来れるか大変難しい状況になっています。

衛星かぐやは、今朝の朝刊に美しいブルー色彩に包まれた姿をハイビジョンで撮影されたのが、飾られていました。これを見て息を呑むような美しさであったのを驚きで見られたのは、私だけではないと思います。

やれ公害だとか、自然破壊だとか言われている昨今ですが、それでもこんなに地球が美しいのは、地球の環境を守る義務が人類にはありますよ。というあかしでしょう。

今月の中旬には月周回観測が開始されますので、様々な映像がハイビジョンで送られてくると思います。月の裏は表とはかなり違っていますから、画像が楽しみです。

HⅡAロケットで、これだけの衛星を月に送って科学探査ができることは、日本の技術も世界に誇れるのではないでしょうか?そして様々な軌道修正技術も素晴らしいものがあります。

JAXA宇宙航空研究開発機構のホームページには、衛星かぐやの活躍が掲載されていますから、今月は楽しみなサイトだと思います。

下記は、JAXA宇宙航空研究開発機構サイトのリンク写真で、地球の姿が写っています。

by  大藪光政

JAXA宇宙航空研究開発機構サイトのリンクより、11万km彼方からの地球の姿
http://www.jaxa.jp/press/2007/10/img/20071001_kaguya.jpg
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
大藪光政
年齢:
-1482
HP:
性別:
男性
誕生日:
3500/01/01
職業:
コンサルティング/システムエンジニア
趣味:
大樹木の鑑賞
自己紹介:
科学は少年の頃からのあこがれの対象でした。今日の科学の発展は、そうなるであろうと想像して来たものばかりです。そしてこれからの進歩の中にも興味深いテーマが数多く存在しています。そうしたものを時々イメージしながら楽しむことが唯一の自己発見なのかも知れません。
バーコード
ブログ内検索